文字の大きさ 大 中 小

水土里ネットローラー作戦

取組の経緯

 青森県内の土地改良区は、様々な問題を抱えながら、より良い農業を支援するよう頑張っています。

水土里ネットローラー作戦

 このような問題を抱える一方で、より良い農業生産を支援する事業を行う必要性を痛いほど判っていても、負担金の問題や将来の農業経営に対する不安から、事業化に踏み出せないのが実情です。
 土地改良区が抱えている問題を判っていながら、何もしないではいられないと青森県土地改良事業団体連合会は将来の農業基盤を支えるため、『水土里ネットローラー作戦』を立上げ、土地改良区を強力にバックアップしています。

水土里ネットローラー作戦

取組内容

 水土里ネットローラー作戦を5段階に分けて実施しています。

     第1段階
土地改良区が抱える諸問題を聞取りし、実態把握に努める。
     第2段階
問題点を分析し、問題解決を前向きに進める方法を検討、立案し提案する。
     第3段階
提案内容を土地改良区と議論し、具体的な解決方法に取り組む。
     第4段階
計画的に事業化を進め、必要に応じた対応をする。
     第5段階
事業実施に向けた具体的な話合いをする。

 という段階を踏み、土地改良区がより良い事業を立ち上げられるようにバックアップしています。現段階では、一部の土地改良区では第4、第5段階までの取組を実施していますが、概ねの土地改良区では第3段階までの取組が完了しています。今後も、継続的に活発な取組が行われるよう『水土里ネットローラー作戦』を実施していきます。

水土里ネットローラー作戦

取組メンバー

 取組メンバーは、青森県土地改良事業団体連合会の管理職が担当し、
 ①東青・下北
 ②中南
 ③三八
 ④上北
 ⑤西北
 の5グループで構成し、1グループ3~4名体制を敷き、継続的に土地改良区の諸問題に対し、正面から取組んでいます。

水土里ネットローラー作戦