文字の大きさ 大 中 小

通常総会の開催

 第63回通常総会が、3月18日、青森県土地改良会館で開催され、会員総数119名のうち、本人出席3名、書面議決116名による採決で、提出された議案はすべて原案のとおり可決されました。
 なお、今回の通常総会は、新型コロナウイルス感染拡大への対応及びこれに対する政府の基本方針等を踏まえ、理事会に報告のうえ、書面議決により議決を行うこととしたもので、議事は、事前に会員に事務局(案)を提示し選任された板柳東部土地改良区の成田修逸理事長を議長、青森第二北部土地改良区の菊地清昭理事長と赤沼土地改良区の河津吉大理事長を議事録署名人として行われました。
 また、役員の補欠選任では、蓬田村土地改良区の森清秀理事長、沼崎土地改良区の野田誠一理事長が理事に選任されました。