文字の大きさ 大 中 小

「令和元年度 青森県受益農地管理強化委員会」を開催

 令和2年3月5日、青森県土地改良会館において「令和元年度 青森県受益農地管理強化委員会」を開催しました。
 本委員会は、青森県における土地改良事業に関する換地事務の適正かつ円滑な遂行を図り、土地改良事業の成果の確保に資することを目的としています。北三沢土地改良区理事長の沼田委員長の挨拶から始まり、「令和元年度受益農地管理強化対策事業実績(見込み)」「令和元年度 受益農地管理強化対策収支決算(見込み)」「令和2年度 受益農地管理強化対策事業計画(案)」「令和2年度 受益農地管理強化対策収支予算(案)」について審議の結果、原案どおり承認・議決されました。
 その他として、東北農政局から「共有地の代表者制」について、事務局からは、現在全国的に問題となっている「所有者不明農地の現状」について情報提供しました。
 また、意見交換において、換地業務は増加傾向にあるため、換地技術者の育成が喫緊の課題であるとの意見があり、資格取得、換地技術者の育成の在り方等、検討がなされました。